陰茎増大の痛みがある場合は痛み止めの薬を処方してもらえる

陰茎増大手術後の痛み

人目を気にしたりコンプレックスを感じたりすることなく堂々と生きていける、女性との交際に対して抵抗感や不安感を抱かずに済み積極的に恋愛を楽しめる、モチベーションが向上し物事を前向きに考えられるなど、陰茎増大手術を受けることで得られるメリットは計り知れません。
しかし、メリットを得るためにはいくつかのステップを踏まなければならず、最も問題が起こりやすい厄介なステップと言えばダウンタイムです。
陰茎増大手術には様々な方法がありますが、どの陰茎増大手術も即効性と持続性に優れた麻酔を施すので、治療中に痛みを感じることはありません。
問題は陰茎増大手術を受けた後のダウンタイム中の痛みです。
ダウンタイムの期間は数週間程度ですが、その期間中に痛みが出てしまう原因は術後感染症や患部にダメージがもたらされることによる炎症です。
陰茎増大手術を受ける前に、痛みが出てしまった場合の対処法を知っておけば安心です。

陰茎増大手術後の痛みを防ぐための対策

陰茎増大手術後は腫れや発熱などの症状を伴う痛みが出てしまうケースが意外と多いため、クリニックから痛み止めが処方されます。
何も言わなくても処方してくれるクリニックもありますし、希望しないと処方してくれないクリニックもあります。
心配な場合はカウンセリングのときに確認しておきましょう。
痛いなと感じた場合は、我慢せずに痛み止めを服用すべきです。
痛みが出ないようにするための対策も必要です。
ダウンタイム中に心がけるべきこととしては、バイクや自転車に乗ったりハードな運動をしたり疲労度が高い労働をしたりなど患部に刺激を与える恐れがある行動は控える、しばらくは浴槽に浸からずシャワーだけで入浴を済ませる、患部に細菌が付着すると術後感染症のリスクが高くなるので常に清潔にしておく、アルコールや香辛料やカフェインを摂取することの刺激になるので食生活にも気を付けるなどがあります。
少しでも異変を感じたら、すぐにクリニックへ相談しましょう。

まとめ

陰茎増大手術後に痛みが出た場合は、クリニックで処方された痛み止めを服用して緩和させます。
治療費の中にアフターケア代が含まれているという料金システムを導入しているクリニックがほとんどですので、我慢したり躊躇したりせずに早めにクリニックに相談して対処してもらうべきです。
陰茎増大手術後のダウンタイムは3~4週間程度ですので、その期間中は旅行やアクティビティやスポーツやトレーニングなどの予定は入れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。