陰茎増大治療の痛みが不安な人にはマスク麻酔や静脈麻酔もおすすめ

痛みの心配が不要な陰茎増大手術

医療の進化は日々続いていますから、痛みの軽減にも力を入れて改善されています。
陰茎増大も痛みが非常に少ない施術になっているので、怖いといったイメージはありません。
痛みが心配で陰茎増大の施術を迷っているなら、不安になることなくカウンセリングに行って相談することがおすすめです。
評判が良い医師なら特に痛みには丁寧に治療を進めるので、よい意味で拍子抜けといった不安がない施術を受けられます。
しかし、痛みの感じ方は人によって異なります。
そのため陰茎増大で実績があるクリニックを選んだとしても、つらい思いをするのではと心配な人もいるでしょう。
そんな時にはカウンセリングなど前もって、痛みに敏感で心配であることを相談しておくと対処も変ってきます。
逆に自分から対策をとっているクリニックを探して相談するのも1つの方法です。
どちらもにしても現在の陰茎増大施術は負担が少ないですし、加えて対策もあるので諦めることはありません。

麻酔を使って施術中だけストレスフリー

施術の痛みを軽減する方法として麻酔を使用することができます。
しかし、麻酔もしっかりと効きすぎると、それが取れるまでクリニックで待機になってしまいます。
時間が余計にかかるのは困るという場合には、施術中にはしっかりと効き、体に残らない麻酔がおすすめです。
例えばマスク麻酔とか静脈麻酔です。
マスク麻酔は注射麻酔ではありません。
マスクで顔部分を覆い、口元からガスタイプで麻酔を取り入れます。
ですから、自然と心地よい眠りにつき、起きるころには施術は完了しています。
麻酔をかけるための痛みも施術の痛みもありません。
静脈麻酔は全身麻酔の1つで、点滴を静脈にいれて麻酔をかけます。
こちらも自然と眠りにつくので、寝ている間に施術は完了します。
どちらも施術の痛みを感じることなく、寝ている間に終わっているので不安や緊張がありません。
起きた時には終了していて、麻酔によって体に負担がかかることも基本的にはありません。

まとめ

痛みが心配な陰茎増大ですが、今はクリニックも対策をとっていることが多いです。
どうしても不安がある、敏感であれば麻酔の使用も1つの方法です。
陰茎増大ではマスク麻酔や静脈麻酔を利用すれば、ねむっている間に施術が完了します。
気持ちよく寝ている間で終わるので痛みを感じることがありません。
クリニックに事前に相談して、麻酔の使用で不安を取り除くようにしましょう。
麻酔を使うことであっという間に終わるので、迷っているならまずは相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。