陰茎増大治療後の痛みに対してはブリーフやボクサーパンツが効果的

陰茎増大で痛みがある時の対処

陰茎増大の手術をして、性器の形が変化する訳ですから痛みが出ることは仕方ないでしょう。
しかし個人差があって、痛みをあまり感じずに済む人もいます。
効果的な方法としては刺激を少なくすることが一番で、特に陰部が擦れないよう考慮するようにします。
陰茎増大ではぺニスの大きさに変化をもたらすので、術後に違和感があったりいつもと同じ動作や変わらない動きをした時に、パンツやズボンに引っ掛かることも。
トランクスを日頃はいている人なら、陰部に布が擦れることに痛みを感じる場合があります。
陰部が摩擦の刺激を受けることによって血が出たり、部分的に赤みが出ることもあります。
痛みに対する感じ方は人によって違うので、気にせず過ごしていていつの間にか普通の状態に戻っていることも。
敏感肌の人であれば、柔らかいコットンなどの生地を使ったパンツが効果的で、ブリーフやボクサーパンツは柔らかくて擦れる刺激が少なくて楽に過ごせます。

陰茎増大が終わってから気を付けること

陰茎増大による痛みが、ブリーフやボクサーパンツのようなコットン生地の柔らかくて伸縮性のある生地を使い、トランクスをはいた時のような擦れる痛さを感じないで楽になるなら良いですが、それでも治らないのであれば他の方法を考えた方が良いです。
治療や手術を行う前に痛みについて詳細を説明されると思いますが、実際に手術をしてみてどう感じるかには個々の違いがあるため、無理をしないで先生に状況を説明することが得策です。
痛み止めのロキソニン等を処方されることが多いでしょうし、痛み止めを服用した時には胃に負担がかかることがあるので、一緒に胃薬をもらうこともできます。
胃への負担が気になるようであれば、事前に先生に言っておくと安心できるでしょう。
その他の痛みや違和感がある場合や、痛み止めの薬では改善しないようなら、別の薬として炎症を抑える薬や症状に合わせたケアを行ってくれるので、自分の術後の状態を出来る限り正確に伝えます。

まとめ

魅力的な男性になりたいという願望は、男であれば当然のように誰もが持つものでしょうが、陰茎増大はその一歩として効果的な治療です。
陰茎増大をすることによって、今まで自信を持てなかった部分や、コンプレックスとして隠してきたことなどに変化をもたらすことになり、行動できる範囲が広がるので、新しい出会いや楽しめることが増えるでしょう。
より良い自分になるために、何か新しく行動を起こすことは素晴らしいことなので、より確実に良い結果が出るに越したことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。